カードローンとキャッシングの違いについて

カードローンもキャッシングも、どうしても急にお金が必要になった時には大変便利なサービスです。
多くの人に利用されているカードローンやキャッシングですが、この2つの違いはどのようなところにあるのでしょうか。
カードローンもキャッシングもお金を借りる点は同じですが、おもな違いは融資金額と返済方法になります。
キャッシングは一括で支払うことが多いですが、カードローンは分割払いがスタンダードです。
一括払いが前提になっていることからも明らかですが、キャッシングの融資額は、基本的に小口での融資になります。
1万円から借りる事ができる小額の融資で、だいたい50万円くらいまでが目安になるのが、キャッシングです。
この借りた金額は、翌月に一括返済することが決められているため、金利もカードローンよりも高めに設定されています。
これに対して、カードローンは融資金額が大口になり、数十万円から数百万円までの規模になります。
借入れする金額が大きくなるため、返済方法は残高スライド方式か、定額のリボルビング払いが一般的です。
審査のハードルの高さも、それぞれ違います。大口の融資や、銀行が貸し付けている融資のほうが、審査は通りにくくなります。
大口の融資では、長期にわたって少しずつ返済をすることになるため、金利は低くなっているところが多いようです。
カードローンにもキャッシングにもそれぞれ特徴があるので、しっかり事前に比較検討をして、より適している方を選択しましょう。